投資方法

株が上がる理由は買いたい人が多いからではないと思う

投稿日:

株が上がる理由は?

株が上がる理由は何だと思いますか?

 

それはいろいろな理由が複雑に絡み合ってのものなのでしょうね。

 

株を買いたい人が多ければ、株価が上がるというようなことも言われます。

 

これって本当でしょうか?

 

これまでの私のブログでも、「株を買いたい人が多いと上がる」といような表現等を便宜上使ったりしています。

 

なぜかというと、その記事においてそれがテーマではないからです。

 

理解されやすいようにという意味で使っているんですよね。

 

・・・と言い訳しておきます。

 

今回はもう少し深く考えてみたいと思います。

 

 

買いたい人が多いから上がる?

「買いたい人が多いから上がる」となると、人数の問題になってしまいますが、私としてはそうではないと思っています。

 

そこそこの人数の個人投資家が束になってかかっても、機関投資家がその気になれば、勝つのは難しいでしょう。

 

そこそこの人数の個人投資家が束になってかかっても、一人の大口個人投資家がその気になれば、勝つのは難しいかもしれません。

 

もちろん勝つ場合もありますが・・・

 

そのようなことから、株が上がる理由は人の数ではないと思っています。

 

 

買いが多ければ上がる?

また、「買いが多ければ上がる」というのも、ちょっと違うと思います。

 

そもそも、出来高は売り買いが成立した数のことですよね。

 

つまり、売りと買いがあるから売買が成立するわけです。

 

買いが多いということは、売りも多いということだと思っています。

 

そうでなければ、約定しませんから・・・

 

逆に、買いが少なければ売りも少ないということでしょうね(約定した数として)。

 

私としては、約定したのであれば「買いには同数の売りがある」ということだと思っています。

 

それが出来高です。

 

あれ? 間違ってますかね?

 

「買いが多いと上がる」というような表現を割りとよく見ますので・・・

 

まぁ~、先ほども言った通り、私も使っていますけど・・・

 

株の板を見ていて、売りよりも買いの方が圧倒的に多いことがありますが、それでも株価が下落することがあります。

 

もっと値下がりしないと買いたくないということなのでしょう。

 

どんなに買いが多くても、上値を狙わなくなったら上がりませんからね。

 

overとunderで見ても、そういうことはよくありますよね。

 

 

私が思う理由

じゃー、どうして株価が上がったり下がったりするのかというと、その仕組みとして私が思っているのは、人数が多いか少ないかとか、買いが多いか少ないかとかではなく、「どの株価で売りたいのか買いたいのか」だと思っています。

 

例えば、昨日の終値が1000円だとします。

 

今日、売ろうと思っている人が、1000円より高く売り注文を出し(昨日より高くないと嫌だ!)、買いたいと思う人が、その値段でいいと思えれば、株価は上昇することになるわけです。

 

一方で、買いたいと思っている人が、1000円より安くないと嫌だ!と思って注文を出し、売りたい人が、その値段でいいと思えれば、株価は下落することになるわけです。

 

 

今の値段で売るのは嫌だ!と多くの人が思うようになると、より高い値段で売ることになります。

 

その高い値段でも買いたいと思うと、株価は値上がりします。

 

それが最高に達したのがストップ高ですね。

 

その日の値幅制限の上限価格でも買いたいとなるわけです。

 

ようするに、もっと高い値段じゃないと売りたくないという考えと、高い値段でも買いたいという考えが一致すれば株価は上がるし、その逆になれば株価は下がるのだと思っています。

-投資方法

Copyright© メリッタスの株式投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.