投資方法

含み損と含み益のどちらが多いか知り買い時と売り時を判断するやり方

更新日:

失敗を減らすために買い時と売り時は重要

株で失敗を減らすために大切なこととは何でしょうか。

 

これがわかれば大きな損失を減らすことができるため、利益率を高めることができます。

 

株取引において重要なポイントはいくつかあるのですが、その中の一つが買い時売り時です。

 

買い時を間違えて高値掴みしてしまったり、売り時を間違えて下落に巻き込まれると投資成績に直接的な影響があります。

 

買い時と売り時に関するテクニカル分析は何種類もあるのですが、今回紹介する分析は計算の必要もありませんので非常に理解しやすいと思います。

 

本日は、テクニカル分析の中で歴史のある分析方法を一つ紹介したいと思います。

 

 

株価の上昇・下降とは?

買い方側で考えると、株で利益を上げるためには、購入後に価格が値上がりしなければなりませんよね。

 

できるだけ安い価格で買うことも重要ですが、仮に最安値の価格帯でなくても、その後株価が値上がりしてくれれば、利益を得ることはできるわけです。

 

つまり、買い時は購入後に値上がりしやすいポイントで買うことが大切であり、その中でもできるだけ安値で買うことができるのが最も良いということです。

 

売り時について言うと、購入した株価の値段がどんどん上昇していき、高値に到達し値下がりし始めたらできるだけ早く売却した方が利益幅も大きいですよね。

 

そもそも株価が上昇する、下降するとはどういうことかというと、

 

株価が上がるということは、その株を購入したいという人が増えて、基本的には買い数量の方が売り数量を上回ってくる必要があります。

 

株価が下がるということは、その株を売りたいという人が増えて、基本的には売数量の方が買数量を上回ってくる必要があります。

 

 

 

保有し続けるかどうかの判断材料は?

みなさん自分の場合で考えていただきたいのですが、買った株を持ち続けるときと、売るときの判断材料は一体何でしょうか。

 

今回のテクニカル分析に関しては、このことが非常に重要な要素になってきます。

 

バイアンドホールドの方であれば、基本的に売るという選択肢がない(超長期)ためちょっと該当しないのですが、それ以外の投資家であれば基本的には買ったら売るという考えだと思います。

 

この中で、売るという選択肢には二つの意味があります。

 

一つは自分の中で満足する含み益が得られたため、利益確定売りとして売却するということ。

 

もう一つは含み損が大きくなってしまったため、損切りするということです。

 

もしあなたが買った銘柄の値段が、順調に上昇し含み益になっている場合、どのような行動をとるでしょうか。

 

自分が満足する値段になれば売るのでしょうが、そうでない場合は売却しない人が多いのではないでしょうか。

 

つまり、含み益になっている投資家が多い場合には、その銘柄は売られにくくなる傾向があります。

 

売られにくくなる傾向があるということは、株価が上がりやすくなるということであり、買いたいと思う投資家が増え、さらに株価の上昇に弾みがつくことになります。

 

また反対に、あなたが買った銘柄の値段が下落し、含み損になっている場合、どのような行動をとるでしょうか。

 

もしあなたが設定している損切りラインに到達していないのであれば、保有し続けるでしょうが、損切りラインに到達した時点で売ってしまうのではないでしょうか。

 

つまり、含み損になっている投資家が多い場合には、その銘柄は売られやすくなる傾向があります。

 

売られやすくなる傾向があるということは、株価が下がりやすくなるということであり、買いたいと思う投資家も減り、更に値下がりしやすくなります。

 

要するに、あなたが買いたいと思う時点において、含み益の投資家が多いのか、含み損の投資家が多いのかを知ることが、できるだけ失敗しない株の銘柄選びのやり方の一つであると言えます。

 

 

一目均衡表の遅行スパン

さてそれでは、このようなことがわかるテクニカル分析が何なのかと言うと、それは一目均衡表の中の遅行スパンです。

 

一目均衡表については聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうし、初めて聞く方もいらっしゃると思います。

 

今回なぜ、一目均衡表の中の遅行スパンだけを記事にしたのかと言うと、遅行スパンが重要だと思っているからです。

 

この遅行スパンというのは特に難しいことはなく、日足であれば各日の終値を、当日を入れて26日前に動かした線のことです。

 

当日を入れないで考えるのであれば、25日前に動かすということです。

 

なお、日足であれば25日前などと表現しますが、週足や月足、分足でも使えますので、正確には25本前に動かすと言ったほうがいいのだと思います。

 

特に難しい計算式も何もありません。

 

単純に終値を、当日を含めて26日前に動かしただけのことですので、簡単なのではないでしょうか。

 

 

こちらの記事もどうぞ

あなたの株取引にとって役に立つかもしれない投資方法や取引の知識を書いていますので、気になる方はこちらの投資方法からご覧ください。

 

 

株価と遅行スパンの関係をチャートで確認

さて、それで何がわかるのかというのが気になるところですね。

 

具体的には図を見て頂いた方がわかりやすいと思います。

 

下のチャートは、エスペックの2018年9月から2019年1月の日足チャートです。

 

青色線で書いてるのが、各日の終値を結んだ線であり、当日を含めて26日過去にずらして描いています。

 

チャートの形状を見ていただくとよくわかると思いますが、日にちがずれているだけで、日足と青色の遅行スパンが同じような形をしていますよね。

 

さて、この遅行スパンは何を意味しているのかと言うと、当日を含めないと25日過去にずらしていますので、日足で考えると25日後の価格との比較ができるということです。

 

これを見ることで、その時買った人たちに利益があるのかどうかがわかるということです。

 

具体的に言うと、見て頂きたいのは青色の遅行スパンより株価が上にあるのか下にあるのかということです。

 

株価が遅行スパンよりも上にあるということは、その時点で買った人たちは25日後に損しているということになります。

 

逆に、株価が遅行スパンよりも下にあるということは、その時点で買った人たちは25日後に利益を得ているということになります。

 

株価が遅行スパンの上にあると、含み損を抱える人が多くなり、損切りが増えるため株価が値下がりしやすい傾向があります。

 

株価が遅行スパンの下にあると、含み益を抱える人が多くなり、ホールドする人が増えるため株価が上がりやすい傾向があります。

 

もちろん絶対にということではありませんので気をつけてください。

 

つまり、株価が遅行スパンの上にある時が売り方が優勢であり、株価が遅行スパンの下にある時が買い方が優勢であると言えます。

 

 

遅行スパンの右端を見ていただきたいと思います。

 

これは1月31日の終値であり25日前に描かれています。

 

この日の株価は遅行スパンの下にあるのがわかると思います。

 

つまり、この日に買った人は25日後の1月31日の終値時点で利益を得ていることがわかるということです。

 

テクニカル分析を完全に信用するというのはリスクがありますが、売り時・買い時の目安の一つにはなります。

 

一目均衡表は、転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンそして雲からなるテクニカル分析です。

 

興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

-投資方法

Copyright© メリッタスの株式投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.